コンテンツ

top > 美しい入浴

美しい入浴

まだまだ続く!あなたの知らない入浴の効能②






こんにちは。
今回は入浴の物理作用2つ目についての記事となります。

デスクワークをしていると足の冷えやむくみが気になってきますね。
そんなお悩みは入浴で解決してしまいましょう。


--------------------------------------------------------------------------


水圧作用で血行が良くなる

 水中では身体が小さくなるってご存知でしたか?
 私は知りませんでした。嬉しい事実ですね。
お腹回りは3~6cm、胸回りは1~3cm小さくなるらしいです。

 なぜ水中では身体が小さくなるのでしょう?
以下のメカニズムを見てみましょう。

--------------------------------------------------------------------------

 腹部に受ける圧力によって横隔膜が押し上げられる
 
 肺の容量が少なくなり空気の量が減少
 
 減少分を補うため呼吸数が増える
 
 静脈血やリンパ液が一気に心臓に戻され、心臓の動きが活発に
 
 全身の血行が良くなる

--------------------------------------------------------------------------


 ということのようです。

 少々難しくなってしまいましたね。メカニズムは忘れてしまっても、
 とりあえず水圧作用で全身の血行が良くなる、ということだけ
 頭のすみっこに放り込んでおいてください。



--------------------------------------------------------------------------


では血行が良くなるとどんな良いことが起こるのでしょうか?

ざっくり言いますと、疲労回復代謝改善肩こり・腰痛の緩和美肌効果等です。

1つずつ解説していきたいところですが、
詳しいことはまた別の記事で説明しましょうか。

本項目についてはここまでです。
今回の記事はいかがでしたでしょうか?
血行を良くすることで様々な嬉しい効果が期待できるのですね。
長すぎる入浴には気を付けつつ楽しみたいですね。
※体調不良の方、高齢者や脳血管障害や心血管系疾患がある方は医師の判断のもと十分注意してください。





あなたはいくつ知ってる?入浴の効果①







皆さんこんにちは。
梅雨が終わって本格的に暑くなってきましたね!




突然ですが、"入浴"してますか?


「この暑い時にお湯になんて浸かっていられるか!」
「私は素早くシャワー派!時は金なりよ!」

という方も、是非今回のこの記事を読んで考え直していただきたいのです。

本項目では入浴によって得られる様々な効果について
ご説明させていただきます。
今回の記事では、まず入浴の三大効果といわれる

「身体に作用する3つの物理作用」

について紹介していきたいと思います。



------------------------------------------------------------------------------------------

温熱作用で精神コントロール




 微温(37~40℃)の少しぬるめのお湯に浸かることで、
 副交感神経が働き、リラックスした状態になります。
質の良い睡眠に繋がるでしょう。
 



 

逆に高温(40℃以上)のお湯に浸かると交感神経が働き、
 緊張または興奮した状態になります。





 
リラックスするためには、ぬるめのお湯、
 これからまた頑張るぞという方は熱いお湯につかると良いですね。
※高齢者、高血圧症若しくは心臓病の人又は脳卒中を経験した人は、42℃以上の高温浴は避けてください。


------------------------------------------------------------------------------------------



「高温で早く体を温めて時短入浴や!」

ちょっと待ってください!
それは時短入浴ではないのです。


(A)ぬるめのお湯に15分入っていた人と
(B)熱いお湯に5分入っていた人を比較すると、
入浴後の体の温度はBの方が高いのですが、
しばらくすると逆転してしまうことが分かっています。



熱いお風呂に入ると一瞬体温が上昇しますが、
人間の体は体温を一定に保とうと働きますので、急激に温度を下げようとします。
とはいえ冬場など寒い時期は熱いお湯に入りたくなってしまうもの…

熱いお湯に入った後はしっかり保温してあげるのが良いでしょうね!



------------------------------------------------------------------------------------------

今回はここまで。



今回の記事はいかがでしたでしょうか?
熱めのお湯も、ぬるめのお湯もどちらも良い部分がありましたね。
その時の状況によって変更するのが良さそうです。

必ず水分補給はしっかり行ってください!